二人目不妊に悩んでいた私がようやく妊娠できた方法

私は二人目の子供が欲しいと望んでいたのに、なかなか妊娠できないいわゆる二人目不妊に悩んでいました。一人目はすんなり妊娠できたのに、二人目ができないのはどうして?と悩みながら思考錯誤した結果、ようやく妊娠・出産できた経緯を詳しく解説します。

二人目ができない!私が二人目不妊になるなんて…

アナタは二人目不妊という言葉を聞いたことがありますか?私は自分がこのような状況になるまで知らなかったのですが、世の中には二人目が欲しいのになかなかできないと悩んでいるご夫婦が意外と多いそうです。

不妊を訴える患者さんのうち、約3割が二人目不妊とも言われているそうで、一人目は自然な流れで特に苦労をすることもなく妊娠できたのに、二人目はスムーズに妊娠できない…。まさしく私と同じです。

二人目不妊に気付くまで

私達夫婦は元々子供は1人でも良いと考えていました。ですが、上の子がポツリと「ボクも弟か妹がほしいな…」と言った事と、将来大人になった時にはやはり兄弟がいた方が良いと思ったので二人目が欲しいと考えるようになりました。これが上の子が3歳になった時です。

その後二人目ができるように頑張っていたのですが、いっこうに妊娠する気配がない…。最初の半年くらいは「タイミングが悪かったんでしょ!」と軽く考えていたのですが、さすがに一年、一年半…と経過しても変化なしなのでさすがにおかしいと気付きました。

ようやくネットで調べてみたところ、二人目不妊の事を知って愕然としたのです。

二人目不妊の定義

ちなみに、二人目不妊の定義は一人目を出産してから1年妊娠しなければ二人目不妊になるそうです。私の場合は上の子が3歳になってから二人目の妊活を開始して1年半以上経っても妊娠できなかったので立派な二人目不妊でした…。

二人目不妊を克服したい!私がいろいろ試した事

一人目は自然に妊娠できたのだから、二人目も普通に妊娠できるはず!と思っていたのです。ただ、さすがにしばらく妊活をしても変化ナシではおかしいと思い、取り急ぎ産婦人科医へ相談することにしました。すると思わぬ結果が…。

産婦人科の診察結果・多嚢胞性卵巣

産婦人科医に「二人目が欲しいけどなかなか妊娠できないので相談したい」と伝え、検査をしてもらいました。その時初めてわかったのは私が多嚢胞性卵巣だったことです。

医師からは「多嚢胞性卵巣症候群という病気までは至っていないけど、卵巣の中に卵胞がいくつか残っている多嚢胞性卵巣の状態だから妊娠はしにくいだろうね」と言われました。基本的に特別な治療を行なうものではなく、普段の生活習慣を改善しながら自然妊娠を目指そうという結論に至りました。

二人目不妊になった原因

ひょっとしたら多嚢胞性卵巣以外にも不妊になる原因があるのではないか?と考えて調べてみたところ、年齢を重ねると妊娠力が低くなることを知りました。ただ、当時私は30歳だったのでそんなに高齢というわけではないから年齢が原因ではないだろうなと感じました。一般的には35歳を過ぎると妊娠力がかなり落ちるそうです。

もう一つ考えられるのがホルモンバランスの変化です。ストレスや疲れでホルモンバランスが崩れやすいと言われていますが、確かにこの時仕事をしていたのでストレスや疲れは感じていました。

そこで、ホルモンバランスが乱れていることも原因になっているかもしれないと考え、普段の生活を変えてみることにしました。

【思い切って仕事を辞めた】

当時は仕事、家事、育児をこなしていたので今思い返してもかなりストレスが溜まっていたと思います。特に仕事のストレスは大きかったので、思い切って仕事を辞めてしばらくは妊活に専念しながら家事と育児をこなそうと考えました。

仕事を辞めたことで経済的にはかなりダメージは大きかったですが、心のゆとりが生まれて子育てを楽しみながら過ごせていたと思います。

【食事の栄養バランスを考えた】

きちんと栄養バランスを考えた食生活が大事だと考えていましたが、特に葉酸をしっかり摂らなければいけないと思い野菜を積極的に食べるようにしていました。大豆製品には女性ホルモンと似た働きがあると聞いたので、毎日一食のどこかで大豆製品を取り入れるようにもしていました。

逆に、肉や油っこいものはできるだけ避けるように気をつけていました。

【冷えとりを始めた】

この頃の私はかなりひどい冷え性でした。手足の先はいつも冷たくて、明らかに血が通っていないなと感じてたほどです。体の冷えも不妊の原因になると聞いたので、冷え性の改善について調べてみたところ冷えとり靴下の存在を知りました。

冷えとりをするようになって半年ほどしてから、手足の先が冷たいと感じることはほとんどなくなりました。

【布ナプキンを使うようになった】

市販されている生理用ナプキンは化学物質で作られているので、経皮毒といって皮膚から有害物質を体の中に取り込んで害をもたらすという話を聞いてから布ナプキンを使うようにしました。最初布ナプキンはお手入れが面倒に感じられましたが、使い慣れるととても気持ち良くて市販の生理用ナプキンには戻したくないほどでした。

【あまり焦らないことにした】

また今月もダメだった…とがっかりしていると焦りを感じて余計妊娠しにくくなると思ったので、あまり焦らないようにしながら妊活に取り組むようにしました。余計なストレスを溜めないようにすることも大事だったと思います。

二人目不妊を克服できた!その理由とは

こうして不妊を克服するために良いと聞いたことはいろいろ試しながら、私が二人目不妊に気付いてから2年ほど経過しました。この間も妊活をしていましたが、いっこうに妊娠する気配がない…。

今度で駄目なら不妊治療の相談をしに行こうかと相談をしていたところ、なかなか生理が来ないのでもしや…と思い妊娠検査薬を使ってみると反応アリ!早速産婦人科で調べてもらったところ、妊娠していることがわかりました。

二人目を無事に妊娠できた理由

正直なところ、二人目不妊を克服して無事に妊娠できたのは何が功を奏したのかわかりません。でも、私がやってきたことを総合してみると、妊娠しやすい体や環境を意識するために役立っていたのが良かったのだと思います。

二人目不妊はきっと克服できるはず!

私のように二人目不妊で悩んでいる人も多いと思いますが、一人目を妊娠できたのだから問題なく妊娠できる体なのは間違いないはずです。何かが原因で二人目を妊娠しにくくなっているのだと考えて、自分なりに何が妊娠の妨げになっているのか振り返りながら少しずつ改善するようにしてみましょう。

焦らずに妊活することが一番の解決策で、それでもダメなら不妊治療を検討しても良いでしょう。私の体験談がアナタの妊活に役立ってくれると嬉しいです。