天気が体調不良を引き起こす!?天気病の原因と今日から出来る対策方法とは

つらい頭痛や、めまいを引き起こす天気病。梅雨や台風の時期にそのような症状があるならそれは天気病かもしれません。この記事では、知っているようで意外と知られていない天気病の原因と、今日からできる対策方法をご紹介します。

天気病って何?どんな影響があるの?

天気病とは、雨が降りそうになったり、季節の変わり目になったりするときに体の不調を感じる病気のことです。

引き金になるのは、気圧、気温、湿度の変化で、これらの変化が著しい梅雨や台風の時期に影響があります。

めまいやイライラ、肩こりなど「気象病」の症状だけではなく、片頭痛や関節痛など痛みが伴うのが天気病の特徴です。

少しでも天気病かな?と悩んでいる方は最後までチェックしてみてくださいね!

天気病は自律神経の乱れが原因

天気病の原因は、自律神経の乱れが発症の原因と考え得られています。

私たちの身体の内耳には「気圧センサー」があり、気圧や温度の変化を感知したら脳に信号を送るようになっています。

気圧の変化

梅雨時期などで気圧の変化が激しいと、内耳による気圧の感知と、視覚による感知にズレが起こります。

内耳と視覚による情報がずれると、自律神経が乱れて脳が混乱してしまい、天気病の症状が出てしまいます。

気温の温度差

急な気温の温度差があると自律神経が乱れ、内耳までを結ぶ血管の血流が低下してしまい、天気病の症状が出てしまいます。

天気病の症状

天気病は、人によって症状が違います。

ここでは、代表的な「頭痛」「めまい」「吐き気」といった症状の他、天気病の時に起こる症状全てを紹介します。

頭痛

頭痛は、天気病の代表ともいえる症状です。

天気病で起こる頭痛は、「片頭痛」が最も多く、頭の片側のこめかみ部分のみにズキズキとした「波打つような痛み」を感じます。

もうひとつの種類の頭痛は、「緊張型頭痛」で、後頭部から首筋にかけて「圧迫されるような痛み」を感じます。

めまい

天気病は、めまいを引き起こすことがあります。内耳による血流の低下が原因なので、「クラクラした感覚」になります。

症状がひどいとふらつきが起こり、立っていることが困難になることがあります。

吐き気

めまいやふらつきの症状が続くと、吐き気を催すこともあります。「乗り物酔いのようなむかつき」が特徴で、嘔吐してしまうことも少なくありません。

その他

その他下記のような症状が表れる人もいます。

  • 関節痛
  • 腰痛
  • 歯の痛み
  • 肩こり
  • むくみ
  • ニキビ、吹き出物
  • イライラ
  • 倦怠感、やる気の低下、うつ症状
  • 古傷が傷む

天気病の予防と対策方法8つ

それでは、今日からできる天気病の予防と対策方法を8つご紹介します。

その日の気圧と気温をチェックする

天気予報を見て、その日の気圧と気温をチェックするだけで天気病の予防になります。

環境の変化による脳の混乱が、天気病の原因の元。

そのため、あらかじめ気圧と気温を知っていれば、脳の混乱を抑えることができます。

すぐに痛みがなくなることはないかもしれませんが、傷みだすタイミングが事前に予測でき、天気病の対処法をして備えることができます。

気圧の変化を教えてくれるアプリをご紹介しますので、参考にして下さい。

頭痛ーる:気圧予報で体調管理 – 気象病・天気痛対策アプリ

【android用】

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.pocke.android.zutsu&hl=ja

【i-OS用】

https://itunes.apple.com/jp/app/%E9%A0%AD%E7%97%9B%E3%83%BC%E3%82%8B/id602991338?mt=8

その日の天気と体調を記録する

天気病の予防のために、その日の天気と体調を記録する「天気病日記」をつけましょう。

一定期間記録をつけることによって、どんな時に痛みが起こるか予想し、体調を管理することができます。

自律神経を整える生活習慣を送る

天気病の予防のために、自律神経を整える生活習慣を送ってください。基本は、食事と睡眠そしてストレス解消です。

栄養のバランスが取れた食事をとり、早寝早起きを習慣にして下さい。

ストレス解消のために、「自分の好きなことを何かひとつもつ」というのも大切です。

冷暖房の使い過ぎない

天気病の原因のひとつは、気温の変化ですので、冷暖房を使いすぎないように気をつけましょう。

自然の気温の変化も原因になることがありますが、外気温と差があり過ぎるのも天気病の原因になってしまいます。

適度に運動をする

適度に運動することも、天気病の対処策になります。適度な運動は、生活習慣を向上し、ストレス解消になり、良い睡眠につながります。

これらは全て、天気病の予防につながります。

耳を暖める

天気病の予防として有名なのが、耳を暖める「耳当て」という方法です。方法はとても簡単で、違和感を感じる耳に手のひらを「当てる」だけです。

天気病の原因は内耳の血流の低下ですので、「耳当て」で温めることによって、血流の流れが良くなり、天気病の改善につながります。

めまいや頭痛を感じた時、ぜひ試してみてください。

耳のマッサージをする

天気病の予防法の中に、「くるくる耳マッサージ」というものがあります。

  1. 両耳を軽くつまんで、上下に5秒引っ張る
  2. 耳を親指と人差し指で軽くつまんで、後ろに向かって引っ張りながら、ゆっくり5回まわす
  3. 耳を折りたたんで5秒静止する
  4. 耳全体を手の平で覆って、後ろに向かって引っ張りながら、ゆっくり5回まわす

「耳当て」が天気病の症状を抑えるのに対して、「くるくる耳マッサージ」は、天気病の予防です。

朝昼晩毎日マッサージすることによって、1週間で効果が出る人もいます。ぜひ今から毎日続けてみてください。

天気痛に効くツボを押す

自律神経に効く「内関」というツボがあり、これが天気病の予防に良いといわれています。

  1. 手の平を上に向けて、手首のしわに親指をおく(これが内関のツボ)
  2. 親指の腹を使って、「痛いと気持ちのいいの間くらいの強さ」で指圧する
  3. 力を入れる時息を吐き、力を抜くとき息を吸う。(10回繰り返す)

天気病の効くツボは、酔い止めにも効くともされています。

「くるくる耳マッサージ」と合わせて、毎日続けてみてください。

天気病に効く市販薬3種類

天気病に効く市販薬を3種類ご紹介します。

ここでご紹介するのは、あくまで応急処置です。天気病は症状がひどいと重症になるケースがあります。

自己判断で安易に市販薬を飲まないよう、まずは医師へ薬剤師に症状の相談をすることをオススメします。

酔い止め

天気病は、酔い止めの症状とよく似ていますので、酔い止め薬も天気病に効果があります。

下記の商品は、酔い止めも天気病も共に効果があると評判です。

アネロン「ニスキャップ」

http://www.ssp.co.jp/product/all/annys/

容量、価格

3カプセル:税込648円

6カプセル:税込1,080円

9カプセル:税込1,512円

漢方

漢方には、天気病の症状に効果がある薬がいくつかあります。

その中で特に、「めまい」に効果のあるものを紹介します。

杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)720丸

https://item.rakuten.co.jp/mikawaph/r-614246/

価格:5,100円(税込)

鎮痛薬

鎮痛剤は、脳に作用して痛みの症状を和らげてくれますので、天気病の症状に効果があります。

鎮痛剤はネットで購入することができるものもありますが、胃腸障害など副作用が起きる可能性があります。

できるだけ、病院に行って処方してもらうようにしてください。

天気病は病院で診てもらえるの?

天気病は、病院で診察が可能です。

ただし天気病の症状ではなく、本当に体が不調になっている可能性があります。

それぞれの症状に行くべき科を紹介しますので、まずはそれらの科で受診してみてください。

  • 頭痛→脳神経内科
  • めまい→耳鼻科
  • 吐き気→消化器内科

本格的な病院の治療は、日本で唯一の天気病専門の外来、愛知県医科大学の佐藤先生の診察がおすすめです。

愛知県医科大学病院

http://www.aichi-med-u.ac.jp/hospital/

tel0561-62-3311(代表)

対策を実施で天気病が解消♪

天気病の予防と対策について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

気圧や気温が急激に変わると、身体が不調になるということは多くの人が知っているかもしれません。

しかし、天気病は「ちょっと頭痛がする」というレベルのものではなく、身体面から精神的なものまであらゆるところに症状が出てしまうコワイ病気です。

でも、毎日の対策で天気病は必ず改善されます。ぜひこの記事で紹介した対策法を実践して、いや~な天気病から解放されてくださいね。